好印象を演出!安くてカワイイから美ラインスーツまで!

2015年03月27日

セツグウ

接遇の研修が年数回あります。

接遇とは、一般のサービス業では、お客様との係りというわけで、お客様が気持ちよく感じたり、感動したりすれば良いわけですが、看護師がいう接遇は患者様から返ってくる反応が正しい物である必要があります。

相手の理解力レベルがどうであろうと、伝えたいことが正しく伝わる事が大切。

今回の例
「検査の日は朝、ご飯を食べずに来てください。」

  当日
  「パンを食べてきました。」

検査は、急きょ中止。


検査なんだから、絶食は当たり前。という常識は医療関係者の物。相手がどの程度理解されているか、正確に伝わる事が大切です。

最近では、ネットで研修ビデオを見たりするので、帰ってからでも出来るので、便利に成りました。でも自分の時間を消費しているのが、なんだか切ないです。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村


ラベル:接遇 かかわり
posted by 那須あゆみ at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。